ゲーム内での準備は勿論ですが、情報収集も同様に重要です。艦種毎の特徴、夜戦や陣形の効果など最新の情報を把握して臨みましょう。
運営ツイッターにて1ヶ月前くらいにイベントの日程が、1週間~数日前あたりにイベントに関する詳細な情報が告知されます。
イベント直前のメンテナンス&アップデートと同時に、艦種や装備についてイベント攻略に関わる更新があったり、イベント海域の敵戦力ゲージに時間回復が着くかどうかといった情報が出ることもあるので確認しておきましょう。

 

艦これのイベントは初心者提督から熟練者提督まで楽しめるように為、序盤の海域は低レベルに、終盤の海域は高レベルに設定されています。
限定海域の難易度を通常海域で例えると、だいたい以下の通りです。

  • E1・・・1-4/2-1/2-2
  • E2・・・2-3/2-4
  • E3・・・3-2、3-3、4-2
  • E4/E5・・・3-4/4-4/5-3

上記のようなことを認識しつつあなたが最初にやるべきことは「現有戦力の確認」つまり「自分の艦娘達のレベルならどこまで行けるだろうか」ということです。
特に重要なのが「味方の戦力バランスに偏りがないか」です。過去のイベントにはすべて「ある一定の編成によって羅針盤がある程度操作される」というシステムがあります。
もしあなたの麾下の戦力が「戦艦・空母ばかりが高レベル」「駆逐艦は未改造がほとんど」「航巡なんて持ってない」などの穴があった場合は攻略上致命的な問題になりかねません。
実際、過去のイベントでは艦隊に「水上機母艦」が含まれていないとイベント海域に出撃すらさせてもらえなかった為に阿鼻叫喚する提督が続出した悲劇もあります。
もし編成の穴を見つけた場合は、当該艦種を可及的速やかに育成することをお勧めします。

同時に装備の開発もある程度進めていく必要もあるでしょう。後半海域になるほど砲の火力不足、艦載機の能力不足などに悩むことが多いです。
また、過去のイベントでは特定装備でダメージが増加するボスが出現した海域もありました。手持ち装備も万遍なく揃えておくと慌てなくて済みます。
「どんな装備が必要になるかわからない」という場合でも、開発資材を貯蓄しておくと安心です。

主に艦これを始めて間もない(完全攻略に不安を持っている)提督の方達向けです。
冷静な現状把握で今回のイベント完走が難しいと判断したなら、頭を切り替えて次回に万全の態勢で挑めるよう戦力拡充に注力するのも立派な作戦です。
イベント海域ではそれぞれの海域で比較的レアな艦娘がドロップできる傾向にあり、イベント開始より数時間~数日もすると各海域での敵編成や艦娘のドロップ情報が大方集まります。
それを参考に自分の戦力で安定してボスまで到達できる海域を周回することでいたずらに精神と資源を消耗することなく戦力を拡充できるでしょう。
正規空母や長門型戦艦等は現状大型建造でも期待できますが、1回の大型建造で(編成にも依りますが)10回前後は出撃でき、多少なりとも経験値が取得できるので周回する意義は充分あるかと思います。
コレクション的な意味合いでも、レア艦探しをする意義はあります。
かつて2013秋イベントでは比較的周回の楽なE3でツチノコとも呼ばれる初風がボスドロップできたこともあり、「強烈な難易度のE4で資源(と毛根)を削るよりは・・・」とレア艦堀りを優先する提督も大勢いました。

我武者羅に最深部を目指すだけがイベントではありません。
現状把握と情報収集を行い、明確な判断指針を作って長期的な視点で艦隊運営を行うのも楽しみ方の1つです。

イベント攻略の目処を立てたら資材の確保をしましょう。
各種資材は消費量が提督によって異なるので「ここまであれば大丈夫」というラインはありませんが、イベント前は自然回復上限値を無視して貯めるのが定石とされています。
自然回復上限が2万台の提督であれば、最低限その2倍~3倍貯めておくこと良いでしょう。
「クリアするだけなら自然回復上限程度に貯めれば大丈夫」という意見もあり、それが正しい場合も勿論あります。
しかし燃料/弾薬/鋼材の自然回復量は1日で1440(ボーキサイトはその1/3の480)です。
イベント後半海域で回復する戦力ゲージを削ろうとした場合、運や編成にもよりますが半日と経たず消費する量であることを念頭に置く必要があるでしょう。
またクリアするのに同じ量の資材を使うにしても、各資源量25000の人が20000使ってクリアするのと、50000の人が20000使ってクリアするのでは、特に後半の精神的プレッシャーが大きく異なってきます。
連続出撃を強いられることが多い為、バケツこと高速修復材も相当数確保すべきでしょう。
バケツは自然回復が無く一日の入手量も限られているので、平時から長期計画的に貯めることが必要です。
資材にお金を突っ込んでもいいという覚悟なら、予算を決めておきましょう。無尽蔵な課金は財布の大破と生活の破綻を招きます。

そして一番重要なのは時間の確保健康及び精神的安定(セルフコントロール)です。
E3以降では戦力ゲージの時間回復がある場合が多く、短時間に連続して出撃させることが求められます。
時間の確保は、学生の皆さんは時間割と相談、社会人の皆さんは上司とよく相談(口実作りとも)してください。
また、体調を崩していては貼り付きなどできませんので、最低でも病気にかからないように注意しておきましょう。
そして軽視されがちですが心の安定も重要です。
ゲージ削りに焦り苦心する余り、まだ大破していないと「思っていた」とか、ダメコンを積んだ「つもりだった」といった事が起こり易いのもイベントならではです。
イベント海域出撃時のながらプレイは避けるべきですが最低限、出撃前の装備確認と戦闘後のリザルト確認は念入りに行って下さい。
確認した「つもり」にならないように。

なお、ゲージが回復すると言ってもそこまで高速で回復するわけではありません(1時間あたり2~3%程度)。
どうしても長時間張り付くのが難しい多忙提督は、2~3日掛けてゆっくり攻略するのも手です。
ただし、その分必要な出撃回数が増え、多くの資材を消耗することは覚悟しておきましょう。
攻略に3日掛けた場合、半日張り付いて一気に攻略した時の倍近い出撃が必要になります。

準備ができたらいよいよイベント開始を待つだけです。暁の水平線に勝利を刻め!

説明を見ても良くわからない方のために、おすすめ艦これタブレットをこちらで紹介しています。